独身 女性 マンション購入 年収450万

jul 26, 2020 | por | ロックエレメンタル テイム トラップ

この記事は約8分で読めます。 女性の全国平均年収は約300万円と国税庁の調査で発表されています。一般的な年収の女性がマンションを購入するのは難しいでしょうか?住宅ローンはいくらまで組めるのでしょうか?年収200万円から借りられる額と返済額等についても解説しています。マンション購入のために最も重要視しなければならないことは、立地条件でも、間取りでもありません。一番大切なのは、資金計画です。高額な部屋のモデルルームほど、すばらしいのは当然。無理をしないでいくらのマンションを買えるのか、それを知らなければ自分に合ったマンションに出会うことも難しくなってくるでしょう。現在の年収と月々のお金の使い方を基にして、どれくらいのマンションだったら無理なく自分に買えるのかを計算してください。税込年収に返済負担率30%~35%をかけて出した年間返済可能額を12で割り、“小島式係数”で割ります。そうして出したローン借入可能額に自己資金を加え、諸費用を引いた金額が、あなたが購入できるマンションの予算ということになります。購入価格:2500万円 (自己資金1400万円)住み慣れた実家を出ることになり、マンション購入を考え資金計画を立てることにしました。仕事は派遣社員で年収は300万円に届きません。住宅ローンの審査を通るには最低でも300万円の年収が必要、という話はよく聞いていましたから、住宅ローンを組むことは無理かもしれないという不安がありました。家族もマンション購入に反対し、今のまま暮らせばいい、という考えです。しかし、実家にいたので、コツコツ貯めてきた貯金はそれなりの額になっていました。自己資金が多ければ受け入れ可能な金融機関もあるとわかり、マンション購入の夢が具体的に描けるようになりました。また、家族には資金計画のシミュレーションを見せて説明し、実際にモデルルームを見てもらうことにしました。行く前には反対していた家族も、きれいで、最新の設備が備わった部屋に考えが変わったようです。「いいお部屋だね」と納得してくれたのです。購入価格:2318万円(自己資金500万円)契約社員という立場を考えれば、この先も収入が上がる見込みはほとんどなく、本当にマンションを買ってやっていけるのか、不安が募りました。しかし、資金計画を細かく立て、私の状況でも買える新築物件があることが分かったのです。すでに完売している物件でしたが、直前にキャンセルが出たというもので、実際のお部屋を見ることが出来ました。思わずその場で気に入り、不動産会社に伝えました。しかし今の賃貸の家賃とほぼ同額とはいえ、管理費や修繕積立金が2万弱、今までより多くかかります。その心配を不動産会社に正直に相談したところ、諸費用を一部負担、その分のローン額を減らしてくれることになり、さらにモデルルームの家具をサービスしていただくことになりました。9月の半期決算前で営業マンの方も売るために必死だったようですが、正直な気持ちで相談したことが功を奏しました。購入価格:2700万円(自己資金50万円)マンションを買おうと思ったときは、付き合っていた彼氏と同棲をしていました。私は家賃を払っていなかったのでいわば居候です。「本当に私が買えるのかな?」という不安はありました。なんせ、貯金が50万円だけでしたから…。でも、営業マンの方も一生懸命に努力してくれて、無事にローンを組める銀行を見つけることができました。また、居候生活でしたので、引き渡しの時までに諸費用分を貯金することが出来ました。引き渡し後に彼とは別れてしまいましたが、新しいマンションに住んで、新しく出直したほうがいいと決心できました。購入価格:3600万円(自己資金50万円)今は資産価値の高い物件なら物件価格の100%をローンで貸してくれるとわかり、貯金の少ない私でも買えることが分かりました。最初に見たマンションは心の底から住みたい!と思えましたが、空住戸は5000万円の物件のみで、あなたの資金では厳しいと言われてしまいました。その後何とか納得できそうな2500万円の物件でローン事前審査をお願いすると2300万円までしか貸せないという返事。「やっぱり今の私では無理なのかな」と思っていたところ、最初に見た物件の営業マンから同じマンションの4000万円のタイプでキャンセルが出たとの連絡が入り、すぐにローン事前審査をしました。すると「3600万円までなら」という返事。やっぱりダメなのか…とあきらめかけたとき、営業マンが、400万円の値引きを決定してくれたのです!購入価格:2528万円(自己資金258万円)フリーランスのシステムエンジニアをしている関係で、住んでいた賃貸マンションは資料の山、また駅からも遠かったため、くつろげる空間としてマンション購入を考えるようになりました。まずは不動産会社の提携する信用金庫でローンを組むと、条件として300万円の定期預金が必要なことや、繰り上げ返済にも手数料がかかることも分かったのです。とはいえ、フリーランスは収入が不安定で、金融機関の厳しい検査は覚悟していました。フリーランスは不安定だからこそ、返せるときに繰り上げ返済をどんどんしていかないといけないと考えていたので、不動産会社の担当者にそのことを伝えると「フリーランスの人に貸してくれるところは、他にはなかなかないですよ」という冷たい態度です。あまり協力的ではない担当者の上司に直談判し、担当を変えてもらうことにしました。その相談した上司は経験豊富で、話がすんなりうまくいくようになり、ネット上で繰り上げ返済の手続きができて手数料もかからない銀行のローンに申し込んだ結果、無事に希望する額のローン審査に通ったのです。おかげで、これまでの3年半に、すでに200万円の繰り上げ返済を済ませることが出来ました。今のマンションは最初から資料や家具を置く配置を考えて入居したので、だいぶすっきりし、これまでの雑然とした部屋がうそのようです。以前に比べてはるかに効率的に、仕事も家事もこなせています。失敗しないマンション購入のポイントは、高い金利のかかるリボ払いやキャッシングをしたこともなく毎月の収支が赤字になっていないほとんどの人なら、このレベルを保っていけば無理なくマンションを買うことが出来ます。毎月の余ったお金やボーナス、満期の保険・定期預金が満期になったとき、親から財産分与があったときなど、お金に余裕ができたら「繰り上げ返済」をしていけば、それだけローン残高が減りますので、その分、利息も断然少なくなっていきます。月々1万円でも、繰り上げ返済に回していきましょう。月々の返済額に余裕を持たせておけば難しいことではありません。いまは、銀行にお金を預けていても、ほとんど利息もつかないし、株式や外貨預金などは失敗するリスクもあります。それよりも繰り上げ返済でトクする金額の方がはるかに多いのです。マンション購入を考える上で最も重要なことは、立地条件でも、間取りでもありません。一番大切なのは、資金計画です。現在の年収や月々のお金の使い方を基にして、どれくらいのマンションだったら自分に変えるのかを計算してください。失敗しないマンション購入のポイントは、いまと同じ生活ができる資金計画=ローンの返済計画を立てること。つまり、いままで賃貸に払ってきた家賃並み、もしくは実家に入れていたお金と毎月確実に貯金に回してきた金額の範囲で収まる返済額に抑えておく必要があります。また、 目次近年ではマンションを購入する女性が増加する傾向にありますが、その女性たちにはどのような特徴があるのでしょうか。マンションを購入する世代としては主に30代から50代が多い傾向にありますが、30代から50代の女性の平均年収は30代で約380万円、40代で約400万円、50代で約450万円となっています。なお地域によって女性の平均年収には差があります。具体的に見てみると、東京都の女性の平均年収は地方の都道府県の女性の平均年収よりも60万円程度高いことがわかっています。また、業種や職種によっても平均年収に100~200万円程度の差が出ることが明らかになっています。以上のことを踏まえると、マンションを購入する女性の平均年収は300~600万円程度であるということができます。年収300万円程度からマンションを購入でき、年収が上がるにつれて購入できる物件の選択肢も増えていくことになります。女性が購入できるマンションの特徴としてはどのような物件があるのでしょうか。年収ごとに分けて購入できるマンションにはどのようなものがあるのか、例をあげて見ていきましょう。年収300万円、400万円、500万円の例を紹介します。年収300万円の女性が購入できるマンションの例としては、上のような物件があります。いずれの物件も内装はきれいにリフォームされているため、部屋の広さや立地をあまり気にしない方であれば、これらの物件でも十分に生活を送ることができます。住宅ローンの支払い期間は35年が最大ですが(最近属性によっては40年などの長い融資機関もでてきました)の20年から25年程度に設定する人も多く、マンション価格も1,500万円前後なので、将来的な負担は高額物件と比較するとそこまで大きくありません。毎月の支払いも5万円から6万円ほどと、賃貸の場合と同様またはそれ以下に抑えることができます。年収300万円程度で自分のマンションを購入したいと考える方は、このような物件が候補となることを頭に入れておきましょう。年収400万円の女性が購入できるマンションの例としては上のような物件があります。傾向としては駅から近い物件が多く、スーパーなどの買い物施設も近いこともあって立地の良い物件になっていることが分かります。内装のリフォームやリノベーションもされているので暮らしやすいです。住宅ローンの毎月の支払い金額は6万円以上となっており、長い期間の融資では35年が可能です。その分支払い額は低くなりますが支払利息が増えます。支払利息が気になる人はローン年数を22年から23年ほどに設定するケースが多いです。当然年収300万円で購入できる物件よりも金銭的な負担が大きくはなりますが、そのぶん選択肢となる物件数も増える傾向にあります。年収500万円の女性が購入できるマンションの一例としては、上のような物件があります。最寄駅から徒歩数分と駅までのアクセスが良く、さらに周辺の商業施設も充実しているため非常に立地が良い傾向にあるといえます。住宅ローンの支払い年数は20年から24年ほどにすると、極端に長いわけではありませんが、毎月の支払い金額は6万5千円から7万円前後と負担がやや大きくなっています。このくらいの価格帯の物件ともなると、新しい内装や日当たりの良さを売りにしている物件も多く、女性に人気の物件も増えてくる印象です。Woman Estate All Rights Reserved.

西松屋 積み木 塗料, 東京事変 札幌 チケット, The Peggies アネモネ 歌詞, ハウスパートナー 千葉 口コミ, ポップアップカード 桜 簡単, HY NAO 意味, 外食 禁止 英語, 鈴鹿 座席 表, ショパン ピアノソナタ第3番 楽譜, 子供 双眼鏡 太陽, ボイスチェンジャー リアルタイム 女声, あつまれ どうぶつの森 言語設定, 第二次性徴 順番 覚え方, ソファーベッド 安い ニトリ, CHiCO With HoneyWorks アルバム 一覧, 山崎賢人 インスタ 公式, ぐるナイ ナレーション 子供の声, 女王蜂 BL MV, ドラッグ オン ドラグーン3 Two, 単管足場 筋交い 基準, ナイトメアー ビフォア クリスマス, 4 足歩行 アニメーション, WordPress サブディレクトリ 記事, スピッツ ライブグッズ みっ け, ラグドール トイレ おすすめ, プレゼン アプリ Mac, 旅立ち 合唱 歌詞, Expansion Extension 違い, クリア 英語 消す, 四角 記号 IPhone, 安室奈美恵 カラオケ 歌いやすい, しまむら つけ 毛, 中津川 飯田 バス, フィービー ピアス 店舗,